原著論文

Fast varifocal two-photon microendoscope for imaging neuronal activity in the deep brain

Masaaki Sato†, Yuki Motegi, Shogo Yagi, Keiko Gengyo-Ando, Masamichi Ohkura and Junichi Nakai (†corresponding authors) 
Biomed. Opt. Express, 8(9), 4049-4060, 2017


Hippocampus-dependent goal localization by head-fixed mice in virtual reality

Masaaki Sato†, Masako Kawano, Kotaro Mizuta, Tanvir Islam, Min Goo Lee and Yasunori Hayashi (†corresponding author) 
eNeuro, 4 (3) e0369-16.2017, 2017 (Featured Article)

理研プレスリリース(2017年5月2日)
マウスでバーチャル空間の認識メカニズムを解明
-海馬の活動と自閉症関連遺伝子Shank2がカギ-

RIKEN Press Release (May 2, 2017)
Finding real rewards in a virtual world

In vivo two-photon imaging of striatal neuronal circuits in mice

Masaaki Sato†, Masako Kawano, Yuchio Yanagawa and Yasunori Hayashi (†corresponding author) 
Neurobiology of Learning and Memory, 135, 146-151, 2016 


A top-down cortical circuit for accurate sensory perception

Satoshi Manita, Takayuki Suzuki, Chihiro Homma, Takashi Matsumoto, Maya Odagawa, Kazuyuki Yamada, Keisuke Ota, Chie Matsubara, Ayumu Inutsuka, Masaaki Sato, Masamichi Ohkura, Akihiro Yamanaka, Yuchio Yanagawa, Junichi Nakai, Yasunori Hayashi, Matthew E. Larkum and Masanori Murayama
Neuron, 86(5), 1304-1316, 2015

理研プレスリリース(2015年5月22日)
”感じる脳”のメカニズムを解明
-皮膚感覚を司る神経回路の発見-


Generation and imaging of transgenic mice that express G-CaMP7 under a tetracycline response element

Masaaki Sato†, Masako Kawano, Masamichi Ohkura, Keiko Gengyo-Ando, Junichi Nakai and Yasunori Hayashi (†corresponding author) 
PLoS ONE, 10(5), e0125354, 2015

理研BRC 今月のマウス(2015年6月)
Genetic tool for controlled G-CaMP7 expression in vivo

Genomic imprinting of experience-dependent cortical plasticity by the ubiquitin ligase gene Ube3a.

Masaaki Sato† and Michael P. Stryker†(†corresponding authors) 
Proc Natl Acad Sci USA, 107(12), 5611-5616, 2010

理研プレスリリース(2010年3月30日)
母性染色体異常が引き起こす神経発達障害の原因遺伝子の働きを解明
-アンジェルマン症候群の原因遺伝子Ube3aが大脳皮質機能の成熟に必須-

RIKEN RESEARCH (May 28, 2010)
Wired for sight
Proper maturation of the visual cortex in mice, and possibly humans, depends on a maternal gene.

Distinctive features of adult ocular dominance plasticity.

Masaaki Sato and Michael P. Stryker
J. Neurosci, 28 (41), 10278-10286, 2008

Expression profile of BDNF-responsive genes during cerebellar granule cell development.

Masaaki Sato, Kazunori Suzuki and Shigetada Nakanishi
Biochem Biophys Res Commun, 341 (2), 304-309, 2006

Neuronal depolarization controls brain-derived neurotrophic factor-induced upregulation of NR2C NMDA receptor via calcineurin signaling.

Kazunori Suzuki, Masaaki Sato, Yosuke Morishima and Shigetada Nakanishi 
J Neurosci, 25(41), 9535-9543, 2005

A pivotal role of calcineurin signaling in development and maturation of postnatal cerebellar granule cells.

Masaaki Sato, Kazunori Suzuki, Hiroshi Yamazaki and Shigetada Nakanishi
Proc Natl Acad Sci USA, 102 (16), 5874-5879, 2005

Altered agonist sensitivity and desensitization of neuronal mGluR1 responses in knock-in mice by a single amino acid substitution at the PKC phosphorylation site.

Masaaki Sato, Toshihide Tabata, Kouichi Hashimoto, Kenji Nakamura, Kazuki Nakao, Motoya Katsuki, Jun Kitano, Koki Moriyoshi, Masanobu Kano and Shigetada Nakanishi
Eur J Neurosci, 20 (4), 947-955, 2004

NMDA receptor stimulation and brain-derived neurotrophic factor upregulate Homer 1a mRNA via the mitogen-activated protein kinase cascade in cerebellar granule cells.

Masaaki Sato, Kazunori Suzuki and Shigetada Nakanishi 
J Neurosci, 21(11), 3797-3805, 2001

Differential expression of small heat shock proteins in reactive astrocytes after focal ischemia: possible role of β-adrenergic receptor

Tetsuya Imura, Shun Shimohama, Masaaki Sato, Hiroyuki Nishikawa, Kenya Madono, Akinori Akaike and Jun kimura 
J Neurosci, 19(22), 9768-9779, 1999

Induction of macrophage inflammatory protein MIP-1α mRNA on glial cells after focal cerebral ischemia in the rat

Shinya Takami, Hiroyuki Nishikawa, Masabumi Minami, Atsushi Nishiyori, Masaaki Sato, Akinori Akaike and Masamichi Satoh
Neurosci Lett, 227, 173-176, 1997

英文総説

Early origin and evolution of the Angelman syndrome ubiquitin ligase gene Ube3a

Masaaki Sato
Front. Cell. Neurosci., 11:62, 2017

和文総説

佐藤正晃 「生きた脳のはたらきを細胞レベルで見る—海馬セルアセンブリ動態のin vivoイメージング—」

日本神経精神薬理学雑誌 36 (4), 87-92, 2016年8月号



佐藤正晃 「深部脳イメージング」

医学書院 生体の科学 65(5), 418-419, 2014年10月号



佐藤正晃 「ユビキチンリガーゼ遺伝子Ube3aによる大脳皮質可塑性のゲノム刷り込み効果」

羊土社 実験医学 2010年9月号

Ube3a論文の内容を一般読者向けに解説したもの。

その他

佐藤正晃 「この人・この研究」第24回

国際医学情報センター あいみっく, 35(4), 96-98, 2014



佐藤正晃 「研究における自己主張とリーダーシップ」

羊土社 実験医学 2010年2月号

『実験医学』誌の「Opinion」という若手研究者の提言を集めた連載の中の一記事

佐藤正晃 「若手生命科学シンポジウム徳島2009―新しい生命科学者像をつくる」

羊土社 実験医学 2010年1月号

かつて日本学術振興会の事業でドイツのリンダウ会議に一緒に派遣された仲間が数年後に開いたシンポジウムの学会記。

学会発表(イメージング関連で筆頭著者分のみ)

国際学会

Preferential stabilization of behaviorally relevant spatial representations in the hippocampal place map

Masaaki Sato, Kotaro Mizuta, Tanvir Islam, Masako Kawano, Takashi Takekawa, Daniel Gomez-Dominguez, Hiroshi Yamakawa, Masamichi Ohkura, Tomoki Fukai, Junichi Nakai, Yasunori Hayashi. 
Society for Neuroscience 46th annual meeting、2016年11月、米国サンディエゴ

Hippocampal CA1 network dynamics during locomotion in virtual reality

Masaaki Sato, Kotaro Mizuta, Masako Kawano, Takashi Takekawa, Tanvir Islam, Hiroshi Yamakawa, Yoko Yamaguchi, Tomoki Fukai, Masamichi Ohkura, Junichi Nakai, Yasunori Hayashi. 
Society for Neuroscience 43rd annual meeting、2013年11月、米国サンディエゴ

In vivo two-photon imaging of hippocampal CA1 neuronal circuits in mice

Masaaki Sato, Masako Kawano, Junichi Nakai, Yasunori Hayashi
Society for Neuroscience 40th annual meeting201011月、米国サンディエゴ

国内学会

海馬認知地図形成の神経細胞ダイナミクス

Neuronal dynamics that shape hippocampal cognitive maps

佐藤正晃、水田恒太郎、イスラム・タンビル、河野真子、竹川高志、ゴメス-ドミンゲス・ダニエル、山川宏、大倉正道、深井朋樹、中井淳一、林康紀 
第40回日本神経科学大会、2017年7月、千葉

高速可変焦点機能を備えた新規内視鏡による超深部脳二光子イメージング

Ultra-deep brain imaging with a novel two-photon varifocal microendoscope

佐藤正晃、茂木優貴、安藤恵子、大倉正道、中井淳一
第90回日本薬理学会年会、2017年3月、長崎

行動上重要な場所の表象は海馬CA1場所地図において優先的に安定化される

Representations of behaviorally relevant locations are preferentially stabilized in hippocampal CA1 spatial maps

佐藤正晃、水田恒太郎、イスラム・タンビル、河野真子、竹川高志、ゴメス-ドミンゲス・ダニエル、山川宏、大倉正道、深井朋樹、中井淳一、林康紀 
第39回日本神経科学大会、2016年7月、横浜

二光子カルシウムイメージングのためのマウス仮想ナビゲーションシステム

佐藤正晃、イスラム・タンビル、 竹川高志、山川宏、河野真子、山口陽子、深井朋樹、大倉正道、中井淳一、林康紀 
第35回日本神経科学大会、2012年9月、名古屋

蛍光カルシウムセンサータンパク質を脳に発現したトランスジェニックマウスを用いた神経回路 活動のin vivo 二光子イメージング

佐藤正晃、河野真子、イスラム・タンビル、山口陽子、大倉正道、中井淳一、林康紀
第34回日本神経科学大会、2011年9月、横浜

マウス海馬神経回路の構造と機能の in vivo 二光子イメージング

佐藤正晃、河野真子、中井淳一、林康紀
Neuro2010(第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会 合同大会)、2010年9月、神戸

招待講演・シンポジウム講演

佐藤正晃「脳の奥深くの活動をイメージングで見る」

埼玉大学脳末梢科学研究センターミニシンポジウム「脳末梢機能計測の最前線」、2017年3月、さいたま

佐藤正晃「生きた脳のはたらきを細胞レベルで見るー海馬セルアセンブリ動態のin vivoイメージング」

第60回脳の医学・生物学研究会、2016年1月、名古屋

Masaaki Sato "Hippocampal neural circuit dynamics imaged during spatial behavior in mice"

第120回日本解剖学会総会・全国学術集会・第92回日本生理学会大会・合同大会シンポジウム「各種モデル動物における記憶過程の可視化」、2015年3月、神戸

佐藤正晃「バーチャル環境下のマウス脳活動イメージング: 記憶回路の動作原理の解明と疾患研究への応用可能性」

包括脳ネットワーク冬のシンポジウム「新学術領域研究「マイクロ精神病態」「記憶ダイナミズム」2領域合同若手シンポジウム」、2014年12月、東京

Masaaki Sato "Spatial behavior of mice in virtual reality"

第37回日本神経科学大会シンポジウム「脳の現実感を操作する - げっ歯類の神経科学におけるバーチャルリアリティの可能性」、2014年9月、横浜

佐藤正晃「二光子カルシウムイメージングを用いた行動中の海馬神経回路活動の可視化」

第87回日本薬理学会年会シンポジウム『最先端技術による神経回路網の多次元解析と脳内微小環境構造の可視化;脳疾患の原因解明を目指して』、2014年3月、仙台

Masaaki Sato ”Visualizing the dynamics of hippocampal circuit activity in vivo”

Neuro2013(第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会 合同大会) 企画シンポジウム「海馬-嗅内皮質系における認知記憶情報のダイナミクス」、2013年 6月、京都

佐藤正晃 「バーチャルリアリティ環境下におけるマウス深部脳神経回路活動のイメージング」

計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2012、2012年11月、名古屋